【大人のオシャレ戦略#3】最初に良いものを選ぶ方がお金と時間の節約になる

「最初から良いものを買う」という考え方

洋服でも趣味の道具でも何でもいいので、自分が最初に選ぶ時を想像してみて下さい。

「値段は高いが良いもの」を買うか「安くてそれなりのもの」を買うか迷いませんか?

最初に安くてそれなりのものを買う人はそれ以降で2つのパターンに分かれます。

①安いものを買い続ける

②順に高いものへ移行していく

①はそれも価値観なのでさておき、②はどうでしょうか?「自分は②だなぁ」という方いませんか?

私は今までの人生を振り返ってみると②でした。そして多くの男性は私と同じように「順に高いものへ移行していく性質」なのではないでしょうか。

今日はそんな方にとってお得な話です。

上質の物を選ぶとお金だけでなく時間も節約できる

例えば革靴を例にしてみましょう。

最初は15,000円の革靴を買いますが、こだわりが出てきてより良い革靴が気になりだします。男ってそんなものですよね。

30,000円、50,000円、そして最後には上質な80,000円の革靴を買うとしましょう。そうすると最終的な投資金額は175,000円になります。

では最初から80,000円の上質な革靴を選んでいたとしたらどうでしょうか?

同じ金額を投資するならば上質な80,000円の革靴が2つ買えることになります。

「良いものを手に入れた」という所有欲も満たしてくれますし、他の革靴と比較検討する時間も節約出来るでしょう。

こんな風に考えると「最初から良いものを選んだ方が得」という場合もあるということです。

自分の性格や経験を踏まえてモノを選ぶ。これが”大人の買い物”ではないでしょうか。

次回:【大人のオシャレ戦略#4】「良い服」って何だろう?人は何のために服を着る?

【大人のオシャレ戦略#4】「良い服」って何だろう?人は何のために服を着る?

2017.10.01

ABOUTこの記事をかいた人

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”があるという事に気が付きました。企業の成功の戦略は、マイケル・ポーターを始めとした研究者によって誰にでも分かるように言語化されています。 そしてそれはファッションも同じ。オシャレな人には共通点、いわば“オシャレの戦略”があるのです。このブログでは「オシャレな欧米オヤジのセンスと色気」を誰にでも分かるように言語化して、オシャレに悩む全ての40代,50代,60代男性のオシャレの悩みを解決する事が目的です。