100年間デザインが変わらないL.L.Beanのビーンブーツ

冬におすすめのスノーブーツ

今日は私が愛用しているL.L.Beanのビーンブーツを紹介します。

L.L.Bean
アメリカ・メイン州にあるアウトドア用品メーカー

ビーンブーツの最大の特徴は、L.L.Bean創業者のビーン氏が1912年に足が濡れないハンティングブーツを開発したのが始まりで100年以上デザインが変わっていないという点です。

作業用ゴム靴のつま先にレザーを縫い付けた無骨なデザインですが、どこか可愛らしい。沢山の方に愛されてきたデザインです。

見た目だけじゃない。機能性も長く愛される理由

ボトムがゴム製なので完璧の防水効果


画像参照:http://llbeansignature.tumblr.com/archive

元々はハンティングブーツというだけあって、雨の日はもちろんアウトドアにも使える機能性を持っています。

雪が多く降る地域では「靴の中に水が染みてきた・・・」なんて経験ある方もいると思いますが、ビーンブーツの場合はつま先部分が長靴と同じな訳ですから、防水という意味では完璧の性能。

靴底もゴムになっていて滑りにくい構造になっています。

上質な革なので手入れをすれば永く使える

 

そして、上部の革には最も高品質な「フルグレインレザー」が使用されています。

グレイン:低品質の革を糊で張り合わせて厚みを出した革

トップグレイン:ブランド物の財布など、小物によく見られる中程度の品質の革

フルグレイン:正真正銘、革そのもの。手入れを怠らなければ一生使えるほどの耐久性がある。

雪が降った日のコーディネートにはおすすめのブーツです。

ソールの張替えもやってくれる

そして嬉しいのが、アッパーのレザー部分をそのまま残して下のゴムのボトムを新品に全交換する修理を行ってくれるという点です。米国L.L.Bean本社にて作業してくれるのですが、費用は9,500円。

実際に私が持ってるビーンブーツも5年以上使っていますが、レザー部分をちゃんと手入れしてやれば何十年も使えるでしょう。愛着を持って永く使いたくなるスノーブーツです。

ABOUTこの記事をかいた人

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”があるという事に気が付きました。企業の成功の戦略は、マイケル・ポーターを始めとした研究者によって誰にでも分かるように言語化されています。 そしてそれはファッションも同じ。オシャレな人には共通点、いわば“オシャレの戦略”があるのです。このブログでは「オシャレな欧米オヤジのセンスと色気」を誰にでも分かるように言語化して、オシャレに悩む全ての40代,50代,60代男性のオシャレの悩みを解決する事が目的です。