革靴で紐を結ぶなら「パラレル」が断然オススメ

革靴の紐の結び方の基本は「シングル」と呼ばれる結び方です。

購入した時に最初から結ばれているのは「シングル」が多いので、そのままシングルを使われている方は多いと思います。

しかし革靴を履いていて「なんだか足の甲が痛いな」「もう少しホールド感が欲しいな」と思ったらパラレルを試してみる事をオススメします。

パラレルの特徴

実は見た目はシングルもパラレルもほとんど同じ。紐の通し方が違うだけです。

パラレルは紐を左右から均等に引っ張るので足の甲全体に力がかかり、ホールド感が強いのが特徴。

一方でシングルは紐の通し方は簡単な反面、片方に力がかかります。

ですからシングルに特にこだわりがなければ、私はパラレルをオススメしています。

パラレルの結び方

結び方はとっても簡単。まずは一番下の穴に紐を上から通します。

左の紐を1つ上の穴に下から通します。

次がポイント。反対の紐を通すのですが、穴を1つ飛ばします

飛ばした穴に右側の紐を通します。

そうすると、以下のようになります。

通した紐を手に持ったまま、穴を1つ飛ばして通します。

左の紐を飛ばした穴に通すと、以下のようになります。

後は同じ事を繰り返すだけ。

完成です。

フォーマル、カジュアル問わず使えるのはもちろん、スニーカーでも使えるので覚えておいて損はしない結び方です。

ABOUTこの記事をかいた人

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”があるという事に気が付きました。企業の成功の戦略は、マイケル・ポーターを始めとした研究者によって誰にでも分かるように言語化されています。 そしてそれはファッションも同じ。オシャレな人には共通点、いわば“オシャレの戦略”があるのです。このブログでは「オシャレな欧米オヤジのセンスと色気」を誰にでも分かるように言語化して、オシャレに悩む全ての40代,50代,60代男性のオシャレの悩みを解決する事が目的です。