イタリア人が好む色合わせテクニック「アズーロ・エ・マローネ」とは

お互いの上品さを引き立てあう好相性の色合わせ

イタリア語で、「アズーロ」は空色、「マローネ」は栗色を意味しており、青系と茶系の色合わせ。イタリアのオシャレ男性の間では定番で、流行に左右されず昔から愛されているんです。

「アズーロ・エ・マローネ」の色合わせをする際にはコツがありまして、小物で差し色として使うと上手くいきます。

例えば、紺色のスーツにブラウンの靴をアクセントにしたコーディネート。


画像参照:otokomaeken.com

こちらは紺色のスーツにブラウンネクタイをアクセントにしたコーディネート。


画像参照:mensclub

慣れないうちは小物を使って、アズーロ・エ・マローネをやってみるのがおすすめです。

応用として、ネイビーとベージュの組み合わせも。


画像参照:kurumani.com

茶色に白を足していくとベージュになりますよね。実はこれもアズーロ・エ・マローネになるんです。

同様にネイビーに白色を足していくとスカイブルーになりますが、ベージュとの相性は良いです。

大人が色合わせに迷わない為に

アズーロ・エ・マローネのように、色合わせをする際には相性の良い色、悪い色を考えなければいけませんが、大人選ぶ色は以下の8色に限定してしまうのが1番です。


服を買う時に「何色にしようかな」と悩む必要が無くなります。

使う色は8色に限定する。もう色合わせには悩まない

2017.10.02

ABOUTこの記事をかいた人

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”があるという事に気が付きました。企業の成功の戦略は、マイケル・ポーターを始めとした研究者によって誰にでも分かるように言語化されています。 そしてそれはファッションも同じ。オシャレな人には共通点、いわば“オシャレの戦略”があるのです。このブログでは「オシャレな欧米オヤジのセンスと色気」を誰にでも分かるように言語化して、オシャレに悩む全ての40代,50代,60代男性のオシャレの悩みを解決する事が目的です。