#4 服を着て「シルエット」を整えるまでが着こなし

清潔感のある「カタチ」をつくる

キレイめ担当服や色合わせの次は、実際に着てみた際にしっかり「カタチ」を整えることの重要さをお話しします。

清潔感のある服を選んでも、清潔感を感じさせる色を使っても、全体の印象をつくる「カタチ」が崩れていては意味がありません。

服を着た時の全身のカタチを「シルエット」と呼びます。服選びや組み合わせに気を取られて、実はこの大切なシルエットづくりを怠っている人が多いのです。

左:整っていない  右:整っている

タカシ
シルエットは全体の雰囲気の総括とも言える重要なポイント。

例えば、ペットボトルが2本並んでいたとします。片方は新品同様、もう片方は凹んでいる。どちらの印象が良いかは言うまでもありませんね。

それくらいカタチから受ける影響は大きいということです。

 

服を選んで、清潔感のあるシルエットをつくるところまでやって、初めて「着こなし」と言えます。

そのためには何も難しいことはありません。お手本にするべきたった2つのシルエットを覚えればいいだけなのです。

 

Iラインシルエット(アイライン)

30代40代メンズファッション

アルファベットの「I(アイ)」のように、凸凹のないスラリとした見た目に仕上げるシルエットです。

腰くらいまでの普通の着丈の服に、細身などのダボダボしないパンツを合わせてつくります。

タカシ
馴染みのスーツもIラインシルエット。清潔感を感じさせるのはお墨付きですね。

無駄がないスマートな印象は、清潔感だけでなく信頼感も与えます。

Iラインシルエットの例

30代40代メンズファッション

短い丈のジャケットに、すっきりとしたシルエットに見せられるくるぶし丈のスラックスを合わせて、縦に長くスマートに見せられます。

 

Yラインシルエット(ワイライン)

30代40代メンズファッション

アルファベットの「Y」のように、太い部分と細い部分の差がはっきり出て、メリハリのある整った仕上がりのシルエットです。

腰より下の着丈の長い服に、細身のパンツを合わせてつくります。

タカシ
上半身と下半身ではっきりと差を出すことで、清潔感を阻害する「野暮ったさ」を回避できます。

上半身がすっぽり隠れるような服を使うので、ガッチリ体型の方や、ポッコリお腹が気になる方の体型カバーにも役立つシルエットです。

Yラインシルエットの例

30代40代メンズファッション

長い丈のコートに、細身のパンツを合わせて面積の広い箇所・狭い箇所をはっきりさせています。

 

シルエットづくりは細部までしっかりと

細かい話なのですが、実はシルエットづくりはも関係してきます。

いくらシルエットに適した服を着ていても、袖や裾がもたついていては清潔感が損なわれてしまうからです。

30代40代メンズファッション
タカシ
袖、裾はもたつかない丈のものを選びましょう。

また、丁寧に折り返す(ロールアップと言います)ことで綺麗な見た目のまま長さを調整することができます。

 

まとめ

  • シルエットまで整えて初めて着こなしが完成する
  • 清潔感があるのはI・Yラインシルエット
  • 裾、袖もシルエットに影響する

 

最後は、清潔感のある着こなしが即座に実践できるあるモノについて紹介します!