Gジャンを上手く着こなせない理由とは?タンスに眠るGジャンを復活させるテクニック

Gジャンの着こなしが難しいのは短すぎる”着丈”のせい

「若い頃買ったGジャンがタンスにあるけど、最近はなんとなく着ていない」と思う方いませんか?それは、なんとなくではなくちゃんとした原因があるんです。

その原因とはGジャンは他のアウターに比べて着丈が短いから

例えばこちらのGジャンは着丈が59cm。一般的なテーラードジャケットの着丈が70㎝前後ですので、10㎝以上も短いのです。

「腰の位置が高く足の長い欧米人」であれば着丈が短いアウターにTシャツを合わるだけでカッコよく決まります。

画像参照:Italy Web

ところが胴長短足の日本人が同じようにTシャツを合わせてもカッコよく着ることは難しいんです。お腹がポッコリ出てくるであろう40代以上の方なら尚更ですね。

そこで、”ある工夫”が必要になります。胴長短足が原因でスタイルが良く見えないのでしたら、体形をカバーしてくれるインナーを使えば良いんです。

体形をカバーしてくれるインナーとは

体形カバーしてくれるインナーとして、誰でも1着は持っていてお手軽に入手できるのは「シャツ」です。

Tシャツよりも着丈の長いシャツを使えば腰部分を隠す事が出来るので、Gジャンの着丈の短さが目立たなくなるんです。

Tシャツを合わせた時と並べると、違いが良く分かると思います。シャツを合わせた方がスタイルが良く見えますよね。

もう1レベル上のテクニックを紹介します

シャツで腰の位置を隠すテクニックだけでもGジャンを上手く着こなせるようになりますが、さらにスタイルを良く見せるには「視線を上に持ってくること」を意識してみましょう。

具体的な方法を上げると”ネクタイ”です。視線が腰には行かずにネクタイのある部分に集中しますよね。そうするとスタイルを良く見せることが出来ます。

カジュアルスタイルでネクタイに抵抗がある方は”ストール”を首に巻いても同様の効果が得られます。

Gジャンは上手く使えば優秀なオシャレアイテムに変身します。周りの人が「Gジャンてなんだか着こなしづらい」と思っている中で自分は颯爽とGジャンをオシャレに着こなしているだけで差別化になりますよ。

またGジャンは春・秋・冬と使える大変便利なアイテムです。例えばこのようにニットをインナーに合わせれば寒い季節にも対応可能です。

どうしてもシャツの裾を出すのに抵抗がある人へおすすめのテクニック

「俺はシャツの裾を出すのはだらしないから嫌いなんだ」という方もいるでしょう。そういった方におすすめなのが「ベスト」を使ったテクニックです。

ドレスアイテムの「ベスト」にカジュアルアイテムの「Gジャン」を合わせるって、違和感を感じるかも知れませんが実は相性が良いんです。

ベストは体のラインに沿うように作られているので腰の位置を高く見せ、スタイルを良く見せてくれる効果があるんです。結婚式やパーティーでジャケットの下にベストを合わせると、いつもよりスタイルが良く見えるって経験ありませんか?

ベストは着丈が短いというGジャンの弱点を補ってくれるという訳です。

Gジャンをインナーとして使うテクニック

「Gジャンてアウターでしょ?」と思うかもしれませんが、コートのインナーとして使うと変化球のコーディネートが完成します。

「インナーGジャン」は欧米の方で流行っている着こなしですが、最近では雑誌で見かける事も多くなったので日本でも浸透しつつあります。こういった工夫はGジャン着こなしの幅が広がりますよね。

まとめ

Gジャンて古着屋さんやヤフオクで3,000円~5,000円で手に入るので、誰でも1度は袖を通したことがあるのではないでしょうか。それくらいポピュラーな洋服ですが、短すぎる着丈から敬遠されがちです。これを機会に家のタンスに眠っているGジャンを引っ張り出してきて再び生き返らせてあげてはどうでしょうか。きっとGジャンも喜んでくれますよ!