革靴の種類をまとめました。もう革靴選びには迷わない。

大人が知っておきたい革靴の種類を紹介します。

大人のコーディネートに欠かせない革靴。男性ならば、こだわりの1足を見つけて大事に使いたいですよね。


画像参照:https://ameblo.jp/pastor-kuromame/entry-12232177702.html

だからこそ革靴の種類をしっかり覚えて、自分で納得のいく1足を選びたいものです。今日は革靴の種類を8つ紹介いたしますので、ぜひお気に入りの1足を見つけるヒントにして下さい。

画像参照:amzon

ストレートチップ

つま先にストレート(横一線)の切り返しが入っている革靴です。靴を長く履くと履き皺ができますが、ストレートチップは横一線のラインより前に履き皺はつかないと言われています。そのためストレートチップは長く愛用出来る革靴でもあります。

英国調のクラシックなデザインで、ビジネスや結婚式、パーティなど幅広いシーンで使える革靴です。つま先部分に”メダリオン”と呼ばれる穴をデザインしたものもよく見かけますね。

メダリオンとは


画像参照:http://moonlight-regal.com/diary/?p=1439

革靴のつま先部分に施される、小さい穴(パンチング)を開けた装飾。 もともとは靴内の湿気を逃がすためのもの。

プレーントゥ

つま先に、装飾やステッチが施されていない最もスタンダードでシンプルなデザインの革靴です。シンプルな分、靴の形や素材、作りの良し悪しが表れやすいのがプレーントゥを選ぶ時の面白さですね。

ストレートチップと同じくビジネスシーンや結婚式、パーティなどで幅広いシーンで使えます。

ホールカット

ホールカットは1枚の革だけで作られる革靴です。かかと以外に継ぎ目を作らず、つま先を包み込むように仕上げるため、作るには非常に高い技術を要します。先ほど紹介したプレーントゥの以上にシンプルなデザインです。

1枚の革だけで作られるホールカットは、高級な革靴でよく用いられるデザインで、使用される革もキメが細かくしなやかなものが多いのが特徴です。極限までシンプルにまとめられたデザインの為、上品でエレガントな印象です。

モンクストラップ

紐の代わりにストラップ(ベルト)で甲を締めるタイプの革靴です。「モンク」とは修道士のことで、その昔、ヨーロッパの修道士が履いていた靴をもとにデザインされたためこの名が付いています。

紐の革靴よりもカジュアルな印象で、脱ぎ履きが楽なのもモンクストラップの特徴ですね。ストラップが1つのタイプをシングル、2つのタイプをダブルと呼びます。

ウイングチップ

つま先にあるWの切り返しがウィング(鳥の羽根)のような見た目から名付けられた革靴です。メダリオン(つま先の穴飾り)やパーフォレーション(甲の穴飾り)もウィングチップの特徴ですね。

パーフォレーションとは


画像参照:https://ameblo.jp/pastor-kuromame/entry-12232177702.html

甲の部分に小さい穴(パンチング)を開けた装飾。メダリオン同様にもともとは湿気を逃がすためのもの。

アイルランドの高知に住むゲール人が履いていた労働靴がルーツとされていることから、ビジネスやフォーマルシーンよりもカジュアルシーンで使われる事が多いです。

ローファー

紐もベルトも付いていない靴の総称を「スリッポン」と言いますが、ローファーはスリッポンの一種です。ローファーとは「なまけもの」の意味ですが、脱ぎ履きがしやすい事からつけられた名前だそうです。

写真のような”コインローファー”や”房飾りの付いた”タッセルローファー”などいくつかのデザインがあります。ウィングチップと同じくカジュアルなシーンで使われることが多く、基本的にフォーマルシーンで使うのはNGです。

デッキシューズ

元々はヨットやボートなど船の甲板(デッキ)で使用する為に作られた革靴です。靴底に切り込みの入ったラバーソールが使用されているので滑りにくくなっています。

一般的なデッキシューズには紐が付いており、つま先部分がU字型のステッチになっているものを特に「モカシン」と呼びます。

ドライビングシューズ

かかとにゴムを付ける事で運転中でも靴底がすべらないように、アクセルやブレーキを踏む足がより安定するように考案された革靴です。ドライビングシューズの歴史は意外と古く1970年代にイタリアのブランド「トッズ」が考案したそうです。

ソールがゴムになっているのでスニーカーのように歩きやすく、カジュアルなシーンで使われます。合わせるボトムはアンクル丈やロールアップして、くるぶし見せでいきたいですね。

靴ひもを通す穴の違い。「内羽根」と「外羽根」

革靴に詳しい方ならご存知かもしれませんが、革靴には靴ひもを通す穴が2種類あるんです。

パッと見では分かりにくいかもしれませんが、以下の違いがあります。

内羽根式:靴ひもを通す穴が甲の内に潜り込んでいる

外羽根式:靴ひもを通す穴が甲の外で開いている

内羽根式の方がよりフォーマルなシーンに向いており、外羽根の方がカジュアルな印象です。これは靴でも洋服でも同じなのですが、装飾が少なくシンプルなデザインのものはフォーマルな印象が強くなると覚えておくと良いです。

最初にどの革靴を買おうか迷ったら?

どの革靴を買おうか迷ったら、1足目は幅広いシーンで使える「ストレートチップ」か「プレーントゥ」を揃えて、2足目に「ウィングチップ」や「モンクストラップ」などカジュアルシーンで使う革靴を揃えると良いでしょう。

次回お知らせ

今日紹介した革靴の種類毎におススメの革靴メーカーを紹介したいと思います。お楽しみに。

ABOUTこの記事をかいた人

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”があるという事に気が付きました。企業の成功の戦略は、マイケル・ポーターを始めとした研究者によって誰にでも分かるように言語化されています。 そしてそれはファッションも同じ。オシャレな人には共通点、いわば“オシャレの戦略”があるのです。このブログでは「オシャレな欧米オヤジのセンスと色気」を誰にでも分かるように言語化して、オシャレに悩む全ての40代,50代,60代男性のオシャレの悩みを解決する事が目的です。