大人が知っておくべきシャツの袖まくりテクニック「マスターロール」と「スリムロール」

オシャレオヤジがやっている「シャツの袖まくり」を紹介します

オシャレオヤジになる為には「色合わせ」と「シルエット作り」が大切だとお話ししました。

ロングコートを簡単に着こなすには〇〇を見直すだけでいい。

2017.10.03

使う色は8色に限定する。もう色合わせには悩まない

2017.10.02

上記2つがオシャレの”基本”だとしたら、これからお話しするのは”着こなし”です。着こなしを変えるだけで同じ洋服でもオシャレ度をグッとアップさせるのが出来るのです。

今日は”着こなし”の中でも「シャツの袖まくり」についてお話ししたいと思います。

シャツの袖まくりをするメリットとは?


画像参照:http://kurumani.com/

シャツを使ったコーディネートって”キレイめ”だったり”マジメ”、”優等生”といった印象がありますよね。それを袖まくりであえて着崩すことで”色気”が生まれるんです。その証拠に「腕まくりが好き」という女性も多いみたいですよ。

そんな袖まくりを、ただ折り返してやっているのはもったいない。オシャレな袖まくりのやり方をしっかりマスターしましょう。

マスターロール(ミラノロール)のやり方

”ミラノロール”とも呼ばれる袖まくりの方法です。その名の通りイタリアのオシャレオヤジが好んで使うやり方です。

①まず袖のボタンを全て外して、肘の下あたりまで一気にまくってしまいます。
②袖を折り返します。幅3cmくらいが目安。
③もう1度、同じ幅で折り返します。
④袖のはみ出した部分を下に折り返して完成です。

袖を下に折り返した部分がワンポイントになったオシャレな袖まくりです。

スリムロールのやり方

続いてスリムロールのやり方です。マスターロールよりも簡単ですよ。

①まず袖の手首の部分を半分の幅で折り返します。
②最初の折り返し幅をキープしたまま折り返していきます。
③肘のちょっと下くらいまで折り返すとバランスが良いです。

折り返しの幅を細くキレイに整えるだけで、シャープな印象になります。

”着こなし”を変えるだけでコーディネートの印象は変わる

いつもと同じシャツでも袖のまくり方をちょっと変えただけで印象が変わります。女性って男性以上にコーディネートや着こなしの細部まで見ているんです。口には出しませんが、心の中できっと「袖のまくり方も素敵な人なんだな」と思ってくれるはず。

同じ洋服でもちょっとした”着こなし”でより一層オシャレに見せる事が出来るんです。