靴磨きをしたことない人に読んで欲しい。私が初めて靴磨きに挑戦した時の話し

あなたは革靴をちゃんと磨いていますか?

もし、あなたが革靴を持っていてお手入れをしていないなら「革靴磨きって難しそうだし、なんかめんどくさそう」と思っていませんか?

その気持ちよ〜くわかります。

ぶっちゃけ、最近まで私も同じように思ってましたから。

こんにちは。i2です。

i2
靴磨きってとっつきにくいイメージがありますが、絶対にやった方がいい!今日はその理由をお話ししますね。

1、そもそもなぜ靴磨きをやろうと思ったのか?

こちらは私のお気に入りの革靴。10年以上履き続けてきた革靴です。(お値段もそこそこ)

すごく気に入って「一生履こう!」と思っていたんですが、よ〜く見てみると「ヒビ割れ」や「汚れ」があるんです。

↑甲の部分の革はひび割れ、

↑こっちはひび割れだけでなく汚れもヒドイです。

「この革靴、本当に気に入ってたの?」とツッコまれても何も言い返せません・・・

でも、お気に入りの革靴の状態を目の当たりにして初めて革靴磨きの大切さに気付いたんです。

もう、お気に入りの革靴をこんな状態にはしたくない!

2、革靴磨きに必要な道具は3千円で揃う

「よ~し靴磨きを始めるぞ!」と思って必要な道具を調べてみると

「汚れ落とし液、汚れ落とし布、馬毛ブラシ、化繊ブラシ、靴クリーム、クリームを塗るブラシ、仕上げ布」

と、必要なものが沢山。しかも初心者はどれを選べばいいかなんて分からない・・・

この段階で諦めてしまう人が多いのではないでしょうか。

しかしご安心を!3千円あれば十分でした。

M.MOWBRAY x 銀座大賀靴工房オリジナルシューケアスターターセット

靴磨きに必要な道具が全て入っています。「スターターセット」と書いてありますが中身はプロ仕様。

オーダーメイド靴で有名な「銀座大賀工房」と、靴愛好家からも支持されるシューケアブランド「M.MOWBRAY」のコラボです。

i2
それぞれの道具の使い方は実際に靴磨きをしながら見ていきましょう!

3、靴を磨いてみよう

まず最初に使うのが馬の毛を使ったブラシ。とっても柔らかい毛ですよ。

馬毛ブラシを使って靴についた埃や土をサッサッと落とします。

続いて、ステインリムーバー(汚れ落とし)で革に付着した汚れや、古い靴クリームを落とします。

布に適量つけて全体の汚れを落としていきます。布は指に巻きつけて使うと力が入りやすいです。

革がキレイになったところで、いよいよM.MOWBRAY靴クリームの登場。

横にあるのは豚毛のブラシで、先ほどの馬毛に比べて硬め。ハリがあります。

M.MOWBRAYの靴クリーム
ヨーロッパの伝統的製法とノウハウを継承する高級シューケア用品ブランドで、靴クリームは熟練の職人によって調合されている。

優れた浸透力で革に潤いと栄養を与えて靴を長持ちさせると同時に、重厚感のある光沢、なめらかな伸び、しっかりとした補色力でプロや愛好家に支持されている。

百貨店などのシューケアコーナーには、まず置いてある。アマゾンなどでの評価も非常に高い靴クリームです。

クリームの塗り方ですが、豚毛ブラシの先にクリームをつけて革に塗り込んでいきます。

クリームは良く伸びるので、少しづつつけてしっかり塗り込んでいきましょう。

コバの隙間には歯ブラシのようなブラシを使ってクリームを塗ります。

左がクリームを塗った靴。この段階では光沢が無くマットな感じですね。

ここからは化繊ブラシを使ってクリームを靴全体に馴染ませていきます。

サッサッと軽く擦るようにクリームを伸ばしていくような感じ。

マットな感じから少し光沢が出てきました。

ここまできたら、あとは最後の仕上げにフワフワのクロスで磨き上げます。

そうするとピカッと輝くキレイな光沢が出てきます。

クリームを塗る事で革にしっとりとした潤いが出てくるんですが、すごい達成感を味わえます。

2足磨くのにかかる時間は10分程度。靴磨きをしていると心もしっとりと落ち着くんですよね。

ちゃんとメンテナンスする事で靴の寿命が3~5年(あるいはもっと)伸びるのです。

そしてやっぱり靴に愛着が出てきますよね。物を大切に使うって良いものです。

ABOUTこの記事をかいた人

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”があるという事に気が付きました。企業の成功の戦略は、マイケル・ポーターを始めとした研究者によって誰にでも分かるように言語化されています。 そしてそれはファッションも同じ。オシャレな人には共通点、いわば“オシャレの戦略”があるのです。このブログでは「オシャレな欧米オヤジのセンスと色気」を誰にでも分かるように言語化して、オシャレに悩む全ての40代,50代,60代男性のオシャレの悩みを解決する事が目的です。