ロングコートを簡単に着こなすには〇〇を見直すだけでいい。

ロングコートを上手く着こなしてる人ってカッコいいですよね。


参照:http://kurumani.com/

しかし、もしあなたが「ロングコートを上手く着こなせるのは身長が高くスタイルが良い人だけ」と思っていたら間違いです。実はロングコートをオシャレに着こなすには身長が高いか低いかよりも重要なポイントがあるのです。

ロングコート着こなしのポイントはボトムにある

以下はロングコートを使ったコーディネートですが”ボトムの形”に注目してみて下さい。

ロングコート着こなし
参照:http://kurumani.com/

どのボトムも足首に向かって細くなっていませんか?このように足首に向かってだんだん細くなるボトムを「テーパードパンツ」と言います。

ではなぜテーパードパンツを使うとロングコートが着こなしやすくなるのでしょうか?秘密は「シルエット作り」にあるんです。

ロングコートを着こなす時は「Yラインシルエット」が鉄則

Yラインシルエットとは
上半身にボリュームがあり、下半身は細いシルエット。アルファベットの「Y」のような形です。

上半身にゆったりとした服を使うので、体型隠しの効果もあります。例えば「最近お腹が出てきたんだよね」という方にもおススメです。

さて「Yラインシルエット」を作るにはまず、下半身は細いシルエットでなければなりません。そこで役に立つのが先ほど紹介した、足首に向かって細くなるテーパードパンツ。テーパードパンツを使ってしっかりYラインシルエットが構築できれば、身長が高かろうが低かろうがロングコートをオシャレに着こなすことは可能です。

身長が低くてもYラインシルエットを作ればロングコートは着こなせる

こちらはファッションコンサルタントを務めるニックウースターさんのコーディネート。

PHOTO © TEAM PETER STIGTER

アメリカのファッション業界、いや世界のファッション業界で有名な方で、さすがロングコートをオシャレに着こなしていますよね。

そして実はここを1番知って欲しいのですが、ニックウースターさんの身長は168㎝~170cmなんだそうです。テーパードパンツを使ってしっかりYラインを構築出来れば、ロングコートの着こなしに身長は関係ないという事ですね。(そもそも女性は身長が低い方でもオシャレにロングコートを着こなしてる方が多いです)

オシャレオヤジがテーパードパンツを使うのは理由があるから

テーパードパンツの便利さが分かって頂けたかと思うのですが、欧米オシャレオヤジのコーディネートを見ているとテーパードパンツを使ったコーディネートをよく見かけます。「オシャレオヤジはなぜテーパードパンツを使うのか?」その理由を説明しますね。

オシャレには3つの王道シルエットがありまして、オシャレオヤジを目指すには「Yライン」と「Iライン」を使いこなす必要があります。

3大シルエット
Yライン:上半身ゆったり 下半身細身

Iライン:上半身細身 下半身細身

Aライン:上半身細身 下半身ゆったり

ここでYラインとIラインの下半身に注目してみると、”どちらも細身”という事が分かります。そこで活躍するが「足首に向かって細くなるテーパードパンツ」。1本あればYライン、Iラインの両方に対応出来るのです。

Iラインシルエットとは
上半身も下半身も細いシルエット。アルファベットの「I」のような形です。

スラリと細長く見え、大人っぽい印象をあたえてくれるシルエット。例えばスーツスタイルはIラインです。

オシャレになれるかどうかは”シルエットをちゃんと作れること”が重要なポイントになってきます。例えば数十万円するような洋服を買ったとしても、シルエットがちゃんと作れていなければ「全然オシャレに見えない」なんて事になってしまいます。反対に値段はそれなりの洋服でもシルエットさえちゃんと作れていれば、オシャレに見えるコーディネートは可能です。

オシャレオヤジを目指すにはまずテーパードパンツを手に入れる事がなによりの近道なのです。

おススメのテーパードパンツを紹介します

続いて具体的にどんなテーパードパンツを買えばいいのかを紹介します。

ユニクロ スリムフィットノータックチノ

ユニクロ スリムフィットノータックチノ 1,980円

膝下から足首にかけて形が細くなっているのが分かると思います。コットンを使ったスタンダードなチノパンなのですが、ポリウレタンが3%入っているので程よくストレッチしてくれます。ウエスト展開も70~120と幅広いので、いろんな体形の方が着れると思います。お値段もさすがユニクロ、お手頃です。

ユニクロの強みは同じ生地を大量に仕入れる事で低価格を実現させているところ。(アパレルで1番コストがかかるのは生地です)値段はお手頃ですが他社では決してマネできないコストパフォーマンスの1着ですね。

ZARAの年間商品数が18,000品に対して、ユニクロはたったの1,000品にまで絞り込んでいます。ユニクロの年商で1,000商品という事は1商品あたりのロット数平均は50万着。とんでもない数です。

無印良品 ジャパンファブリックデニムテーパード

ジャパンファブリックストレッチデニムテーパード 6,990円

無印商品のアパレルには「MUJI Labo」というちょっとだけ高級なラインがあるんです。

こちらのテーパードパンツもMUJI Laboなのですが、日本製のデニム生地を使っています。膝下から足首にかけてのテーパードが弱めなので、細すぎるのが苦手という方にもおススメの1着。

テーパードパンツを穿く時のコツは靴との間にクッションを作らないこと。クッションがあるとせっかくのテーパードラインが台無しになってしまうからです。写真のようにロールアップして調整するのもおススメです。

Made In Japanのテーパードパンツを開発中です

2年程前に販売したDcollectionのスキニースラックス

スラックス

大人気で再生産を繰り返しているのですが、10代~30代がターゲットだった為、40代以上の方からは「サイズが合わない」「細すぎる」という声を頂きました。

そこでその時に得たノウハウを活かして、現在Made In Japanのテーパードパンツを開発中です。

「40代からのオシャレはまずこのテーパードパンツから」というようなものと考えていますので、ご期待くださいませ。また進捗がありましたらblogでも報告しようと思います。