もう迷わない!革靴を買う際に絶対に知っておくべき「選び方」を紹介します

あなたは革靴が好きですか?
もしくは、普段から革靴を良く履きますか?

もし、あなたが革靴を持っているなら、「ぶっちゃけ、革靴のことはよく分からないけど、有名ブランド=良いやつって感じで選んでるんだよね」という人もいるのではないでしょうか。

また、「良い革靴ってなんか高いイメージがあるから諦めてる」という人もいるのではないでしょうか?

それは、なんともったいない・・・

なぜなら、革靴はちゃんと知識を持って選べば値段は高くなくても品質の良いものは手に入ります。また革靴はきちんと手入れしてあげれば何年も使えるので非常にコスパに優れた靴とも言えるのです。

ということで、はじめまして。
i2と申します。

i2
今回、”革靴の楽しみ方”を知ってもらうべく、革靴の種類・選び方・お手入れ方法という三拍子揃った記事を書くことにしました。

靴職人になるなら本格的な知識が必要ですが、日常で革靴を楽しむのであれば今回の記事を読んでおけば十分です。

5分程度で読める内容になっていますが、読み終わる頃には自分のお気に入りの革靴が選べるようになっているはずです。

1、覚えておきたい革靴の種類は6つ

革靴の種類って多そうに思いますが6種類覚えておけば十分なんです。


画像参照:https://ameblo.jp/pastor-kuromame/entry-12232177702.html

ストレートチップ

つま先にストレート(横一線)の切り返しが入っている革靴。英国調のクラシックなデザインで、ビジネスや結婚式、パーティなど幅広いシーンで使える革靴です。

靴を長く履くと”履き皺”ができますが、ストレートチップは横一線のラインより前に履き皺はつかないと言われています。そのためストレートチップは長く愛用出来る革靴でもあります。

つま先部分に”メダリオン”と呼ばれる穴をデザインしたものもよく見かけますね。

メダリオンとは


画像参照:http://moonlight-regal.com/diary/?p=1439

革靴のつま先部分に施される、小さい穴(パンチング)を開けた装飾。 もともとは靴内の湿気を逃がすためのもの。

プレーントゥ

つま先に装飾やステッチが施されていないスタンダードでシンプルなデザインの革靴。ストレートチップと同じくビジネスシーンや結婚式、パーティなどで幅広いシーンで使えます。

シンプルな分、靴の形や素材、作りの良し悪しが表れやすいのがプレーントゥを選ぶ時の面白さです。

ホールカット

ホールカットはかかと以外に継ぎ目を作らず、1枚の革だけで作られる革靴。先ほど紹介したプレーントゥの以上にシンプルなデザインです。

1枚の革だけで作られるホールカットは、高級な革靴でよく用いられるデザインで、使用される革もキメが細かくしなやかなものが多いのが特徴。つま先を包み込むように仕上げるため、作るには非常に高い技術を要します。

極限までシンプルにまとめられたデザインの為、上品でエレガントな印象です。

モンクストラップ

紐の代わりにストラップ(ベルト)で甲を締めるタイプの革靴。

「モンク」とは修道士のことで、その昔、ヨーロッパの修道士が履いていた靴をもとにデザインされたためこの名が付いています。

紐の革靴よりもカジュアルな印象で、脱ぎ履きが楽なのもモンクストラップの特徴ですね。

ストラップが1つのタイプをシングル、2つのタイプをダブルと呼びます。ちなみに写真のものはダブルです。

ウイングチップ

つま先にあるWの切り返しがウィング(鳥の羽根)のような見た目から名付けられた革靴

メダリオン(つま先の穴飾り)やパーフォレーション(甲の穴飾り)もウィングチップの特徴ですね。

パーフォレーションとは


画像参照:https://ameblo.jp/pastor-kuromame/entry-12232177702.html

甲の部分に小さい穴(パンチング)を開けた装飾。メダリオン同様にもともとは湿気を逃がすためのもの。

アイルランドの高知に住むゲール人が履いていた労働靴がルーツとされていることから、ビジネスやフォーマルシーンよりもカジュアルシーンで使われる事が多いです。

ローファー

ローファーとは「なまけもの」の意味ですが、脱ぎ履きがしやすい事からつけられた名前だそうで、写真のような”コインローファー”や”房飾りの付いた”タッセルローファー”などいくつかのデザインがあります。

ウィングチップと同じくカジュアルなシーンで使われることが多く、基本的にフォーマルシーンで使うのはNG。

ちなみに紐もベルトも付いていない靴の総称を「スリッポン」と言いますが、ローファーはスリッポンの一種です。

「内羽根」と「外羽根」の違いって?

靴ひもを通す穴には2種類あるんです。

パッと見では分かりにくいかもしれませんが、以下の違いがあります。

内羽根と外羽根の違い

内羽根式:靴ひもを通す穴が甲の内に潜り込んでいる

外羽根式:靴ひもを通す穴が甲の外で開いている

内羽根はフォーマルなシーンに向いており、外羽根はカジュアルな印象。

これは靴でも洋服でも同じなのですが、装飾が少なくシンプルなデザインのものはフォーマルな印象が強くなると覚えておくと良いですよ。

最初に買うべき革靴は?

最初にどの革靴を買おうか迷ったら、1足目は幅広いシーンで使える「ストレートチップ」か「プレーントゥ」を揃えて、2足目に「ウィングチップ」や「モンクストラップ」などカジュアルシーンで使う革靴を揃えるのがオススメです!

次は具体的にオススメのブランドを紹介します。

2、おすすめの革靴を紹介します

i2

質の良い革靴といえばイギリス、イタリアのブランドを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし私がこれから紹介するのはインドネシアのジャランスリワヤ(Jalan Sriwijaya)というブランド。

「そんな怪しい革靴大丈夫か?」と思われるかも知れませんが、革も技術も最高、だけど値段は安い。実は世界一コスパに優れた革靴です。

簡単に説明すると、革靴の最高峰である”ジョン・ロブ”や”クロケット・ジョーンズ”で買うと7~8万円するような本場イギリス仕込みの革靴が3万円で手に入ります。

ジャランスリワヤの何がすごいのか?

ジャランスリワヤの創業は100年近く前の1919年。
当時のインドネシアはオランダの植民地であったため、もともとは軍人向けのミリタリーブーツを製造していましたが、経営が2代目に変わった時からジャランスリワヤの革靴作りが始まります。

きっかけとなったのが2代目経営者のルディ・スパーマン氏のイギリス留学。

革靴作りの聖地と言われる英国ノーザンプトンで修行を積み、靴職人として技術力を高めます。その後、革生産で世界一のフランスへと渡り、革靴の素材となる革について学ぶと同時に多くの人脈を築きました。

手作業の「ハンドソーンウェルテッド製法」

ジャランスリワヤの特徴である「ハンドソーンウェルテッド製法」は、高級革靴の代名詞である「グッドイヤーウェルト製法」の原型となった製法です。

機械でアッパーとソールを縫い付けるグッドイヤーウェルト製法と違い、ハンドソーンウェルテッド製法は手縫いで行います。(弧を描いた針でないと縫えないので機械では出来ない)

時間と労力がかかり大量生産には向いていないので、徐々に減少の一途を辿り、高度な技術をもつ職人も居なくなるにつれ、現在ではとても貴重な製法なのです。

ハンドソーンウェルテッド製法のメリット

製法の構造上、通常の革靴に比べて厚いインソールを使用することになるのですが、履きこむことによりインソールが沈むので、自分の足の形に沿った革靴が完成するのです。

かかと、足の裏全体が自分の足にフィットした靴を想像してみて下さい。こんなに歩きやすい靴はないですよ。

あのエルメスも惚れ込むジャランスリワヤの革

ジャランスリワヤの革はフランスの「デュプイ社」や「アノネイ社」から最高レベルのものを仕入れています。

1948年創業のデュプイ社は皮なめしの最高峰とも言われており、ヨーロッパで取れる高品質の革を、独自の製法でなめすことで、他の革メーカーにはないツヤとキメの細かさが特徴。その美しさはあのエルメスが惚れ込むほどと言われています。

もう1つの仕入れ先であるアノネイ社もデュプイ社から独立し1984年に創業した、世界各国の高級ブランドからオファーされる革メーカーです。

世界一のコスパが実現できる理由

ジャランスリワヤの革靴が、高度な技術と最高級の素材を使った革靴だという事がお分かり頂けたかと思います。この品質の革靴を他のメーカーが作ったとしたら間違いなく7~8万円はするでしょう。

それでもジャランスリワヤが3万円という驚異的な価格で販売できる理由はインドネシアという国の事情にあります。

1つは人件費がイギリスや日本に比べて圧倒的に安いこと。そしてもう1つはインドネシアからの輸入関税が非常に低いこと。

これらの事情により、ジャランスリワヤの革靴は高級欧米革靴のクオリティを持ちながら、その圧倒的なコストパフォーマンスを実現出来ているのです。

ジャランスリワヤのおすすめ革靴

画像参照:全てジャランスリワヤ公式サイト

定番であり最もおすすめの黒ストレートチップ

Amazonで購入可能30,240円
サイズが合わなかったときの返品交換が楽なので最初はAmazonでの購入がおすすめです。

まず最初に手に入れたいのが、ビジネス、カジュアル、フォーマルと全てのシーンで対応可能な「黒のストレートチップ」です。

ジャランスリワヤの中でも定番の”11120”という木型を使っています。長めのノーズ、程よく丸みを帯びたつま先、と非常に美しいフォルム。

ジャランスリワヤのストレートチップには「レザーソール」と「ダイナイトソール」があります。

レザーソール

ダイナイトソール

「ダイナイトソール」聞いたことない方も多いかと思いますが、イギリスのハルボロ・ラバー社が作成しているラバーソール。

i2

見た目はレザーソールの方がカッコ良いんですが、私がおすすめするのはダイナイトソールです。水に強く、雨に濡れた床でも滑らないという特徴がありまして、福井県のように雨の日が多い地域の方には最適のソール。

雨の日に革靴で駅構内のようにツルツルした床を歩いていると、滑って転びそうになったことが何度もあったのですが、ダイナイトソールの靴を履くようになってからは安心して歩けるようになりました。

ブラウンのメダリオンシューズ

32,400円(ジャランスリワヤの公式オンラインショップにリンク)

2足目は少し遊びのあるブラウンのメダリオンシューズはいかがでしょうか。

「オシャレな人はベルトの色と靴の色を合わせる」と言いますが、ベルトの色に合わせて靴を選ぶのも粋ですよ。

木型は先ほどと同じ”11120”です。

オシャレなダブルモンクストラップ

32,400円(ジャランスリワヤの公式オンラインショップにリンク)

オシャレでスタイリッシュな人が履いているダブルモンクストラップ。(あくまでの私の主観です)

木型は先ほどと同じ”11120”。ストラップを境に前後のバランスが50:50になっていて美しいバランス感。

シルバーのバックルと合わさって高級感が漂います。黒、ブラウンの基本革靴を揃えた後はこういった革靴で差をつけるのもありですね。

サイドゴアブーツ

38,880円(ジャランスリワヤの公式オンラインショップにリンク)

”EDWARD”という木型で作られたサイドゴアブーツ。”11120”と比べて先端が自然な丸みを帯びたフォルムです。

スーツスタイルにも似合いますし、カジュアルスタイルにも合わせられるシンプルなデザインですね。

ソールはダイナイトソールですので、雨の日、雪の日でも使えます。

タッセルローファー

34,560円(ジャランスリワヤの公式オンラインショップにリンク)

コインローファーよりもクラシックな雰囲気のタッセルローファーが好きです。

色は黒に見えますが深いボルドー色で何とも言えない色合いです。

ロールアップしたデニム+白シャツを合わせれば簡単な休日コーデが完成します。

”良い物”の基準とは?

私はいつも「トップスはシャツ固定」というスタイルですが、モノは”良い物”を選ぶというこだわりがあります。

”良い物”と言っても基準は値段が高いことではなく、永く使えるかどうか。靴やベルト、シャツなど流行に左右されない定番のものこそ”良い物”を選んで永く使う方が得だと考えています。

例えば、1万円で革靴を探そうと思えばいくらでも見つかります。しかし1万円の靴を買った場合、毎年買い替えていませんか?

3万円の靴でも3年履けば1年あたり1万円です。そして3年も使えば革に経年変化がおきて何とも言えない風合いになっているでしょう。また自分の足の形に合わせた履き心地になっているでしょう。

これは1万円の靴を毎年買い替えていたのでは経験できないことです。そういった意味でもジャランスリワヤの革靴は本当に”良い物”であると言えるでしょう。

ソールを張り替えることも出来る

高級革靴の代名詞である「ハンドソーンウェルテッド製法」と「グッドイヤーウェルト製法」はソールの交換が簡単に出来る作りになっています。(昔は革靴が高級品だった為、ソールを交換して永く使うことが前提だった)

もちろんジャランスリワヤもソールの交換サービスを行っているので、大切に使えば5年も6年も使うことが出来ます。

i2
日本では毎年100万トン、着数にすると33億もの洋服が捨てられています。私はこれを聞いた時に、やっぱり長く使える良い物を選ぶって大切だな。こういう事を伝えていかなければならないなと思いました。

そんな訳で次は革靴を長持ちさせるお手入れ方法です!

3、革靴のお手入れ方法

革靴にはシューキーパーを入れよう

革靴を履いているとシワになってきます。特につま先のこの部分にシワが出来やすい。

つま先の部分のシワを放っておくと、そこから革がひび割れて痛んできます。

そこでシワを伸ばすシューキーパーを入れるのですが、2千円で手に入ります。

LifeValue オリジナル レッドシダー シューキーパー 2,480円 送料無料

シダーウッドという材質で出来ていて、湿気取りに優れています。また香りもすごく良い。

つま先の部分は靴の形に合わせて伸縮するようになっています。

同様につま先部分もサイズに合わせて伸縮します。

家に帰って脱いだ後はシューキーパーを入れておくと革靴が長持ちしますよ。

靴磨きに挑戦してみよう

i2
革靴の手入れって聞くと難しそうだし、道具を揃えるのも大変そう・・・

実際、私もそう思ってました。しかし実際にやってみるとすごく簡単で楽しい!

すっかり革靴磨きにハマってしまいました。

↓こちらの動画は初めて靴磨きした時の様子

道具も初心者セットというのが売っていて3千円で手に入ります。

M.MOWBRAY x 銀座大賀靴工房 オリジナル シューケア スターターセット 3,380円 送料無料

ちょっとした傷ならクリームを塗れば消えてしまいますし、1回あたり10分もあれば十分です。

お気に入りの革靴を手入れするっていうのはとっても気持ちが良いですよ!