世界を代表するブランドを請け負う、ボトムメーカーが作る「Draftスラックス」

メンズボトムに強い縫製工場

福井県内にある縫製工場。国内の有名ブランドから海外の有名ブランドを請け負う世界を代表する縫製工場。メンズボトムは工程数も多く手間がかかる割には価格が安く日本国内でメンズ縫製する工場も少なくなっている。

 

Draftスラックスが出来上がるまで

打ち合せで考えたスラックスの絵型をパソコンに取り込み、足形トルソーでサンプルをチェックしていきます。パソコンで型を取ったサンプルパンツをマネキンに履かせて、しわなどが無いかチェックし修正していきます。型紙が出来上がったら。島精機P-CAM162で裁断していきます。

 

 

細かい工程の作業

100工程近くに及ぶ細かい作業を1人が1人が担当し、効率よく作業を行うため作業スペースが狭くなっております。1mズレるだけでもベルト部分はウエスト周り4mもズレてくるため慎重な作業になってきます。

バックポケットの工程も多く、横の縫い作業が終わるたびに丁寧にアイロンをかけ次の工程に移っていきます。

 

しっかりと検品

最後に仕上げのアイロンをかけてからボタン1点1点をしっかりと検品し、糸が出ていないか確認していきます。

sampel

 

 

 

Made in FUKUI

世界に誇る福井県の縫製技術、全社員が全ての仕事に愛情を持って行います。